&Live(アンドライブ)ローンチのお知らせ

ライブ配信を誰でもかんたん・スマートに実施できる 

0 円からはじめられるオンライン・イベント・プラットフォーム 

「&Live(アンドライブ)」、サービス開始 

~ 記者発表、採用説明会、営業セミナーなど、従来の対面集客型イベントをDX化 ~ 


2021年7月14日に、新サービスである『&Live(アンドライブ)』をオープンいたしました。


▶「&Live」とは 

  イベントなどのライブ配信を誰でもかんたん・スマートに実施することができ、0 円から手軽にはじめられるオンライン・イベント・プラットフォームです。 

 YouTubeやVimeoなど、お好みのストリーミングチャネルで配信設定を行い、視聴UR Lを貼り付けるだけでライブ配信が可能、関連する情報の一元管理を実現します。 

 ユーザーのログイン情報を取得できるので参加者の管理も容易です。クレジットカード決済機能によって、有料セミナーの開催から売上の管理まで一括で行うことも可能です。記者発表、ビジネスセミナー、採用説明会などを「まるで対面で実施しているように」ライブ配信することができます。 



▶「&Live」サービス開始の背景 
 オンライン会議が当たり前となり、デジタルトランスフォーメーション(DX )の波が加速する中、新製品・新サービスの記者発表、株主総会、決算発表会、採用説明会や営業セミナーなどのオンライン開催は“当たり前”となりつつあります。 

ところが、YouTubeやVimeoといった既存のストリーミング・プラットフォームでライブ配信を試みると、ユーザーの出欠管理ができなかったり、そもそも参加者が誰かよくわからなかったりといった課題が発生。記者発表やビジネスセミナーでは、スライド資料のデータ共有やアンケートへの記入など、従来のイベント会場で実際に行われてきたプロセスもオンラインで実施する必要があります。 

さらには、質疑応答時のトラブルも多く、参加者側のネット環境によって場がもたついたり、筋の悪い質問を長々と話され貴重な時間を失ったりすることもあります。「参加者からの質疑内容を事前に精査したい」など、オンラインセミナーを行った際の Q&A オペレーションの改善が求められてきました。 

 何百というリアルイベントを成功に導いてきたアウルは、過去の経験をもとにイベントでの「質疑応答時の機材セッティングやスムーズなオペ レーション方法」などを熟知しており、理想を実現させるために、新たなオンライン・イベント・プラットフォームとして「&Live」の提供を開始するものです。「&Live」は、0 円から利用できる垣根が低いサービスでありながら、かゆい所に手が届く存在であり、ライブ配信を誰でもかんたん・スマートに実施できるサービスを目指します。 



▶「&Live」サービスサイト:www.and-live.net