Strengthアウルの強みを紹介いたします。

01

PRにおける本質的な価値を生み出すノウハウ

以下の3指標を用いて、お客様のコミュニケーション活動のご支援をしています

"掲載されただけで価値があった"とする従来のカバレッジバリューを生み出すだけではなく、費用投下の対価として最終的な目的としてのエコノミックバリューを創出するためには、 間をつなぐ"コミュニケーションバリュー"の極大化が極めて重要になってまいります。 この方程式を成り立たせるために、コミュニケーションバリューをいかに生み出すのかがキーとなります。アウルでは、そのノウハウを蓄積しています。

コミュニケーションバリューを生み出すためには、「どのような情報を、どこメディアに取り上げていただくか」が大切になります。

共感を生み出すためには、情報のチューニングが欠かせません。

客観的に発信しようとしている情報が、どの程度の熱量を帯びているか評価し、余計なところをシェイプアップし、付加できる情報を加えていきます。

数あるメディアの中からお客様に最適なメディアを選ぶ

  •  
      

    全体PV数

     
  •  
        
  •  
      

    ソーシャル
    波及力

     
  •  
        
  •  
      

    メディア
    フィード数

     

また、最適なメディアを選ぶという点もわたしたちの仕事です。デジタルメディアは、全体PV数、ソーシャル波及力、メディアへのフィード数という3つの指標が大切になります。

対象となるメディアジャンルの中で、優先度の高いメディアにアプローチして、興味を持っていただく活動がPRです。アプローチ先メディアの選定は、 当社が保有する数千のメディアデータを解析することで、最適化することができます。

このように、PRの本質的な価値を創出するために、間を取り持つコミュニケーションバリューを生み出すノウハウと仕組みが整っています。

02

徹底したデジタル活用で生産性向上

~すべては、お客様へのサービスを満足度の高いレベルのために〜

PRやコンテンツマーケティング、それに付随する編集周りの業務を当社では「エディトリアルコミュニケーション」と呼んでいます。

態度変容や行動変容などの"ジブンゴト化"を促すことができるエディトリアルコミュニケーションのニーズは年々増加していますが、その裏側は、人手を介する業務が多岐にわたっています。

戦略の立案、PRメッセージの開発、対象メディアの選定、リリース配信業務、メディアリレーション、クリッピング、効果測定など。

人の頭でしか考えることができない業務と機械化できる業務を分けて敷くことで、本来お客様の課題解決にあたるべき経験豊富なスタッフがクリッピング業務に追われるようなことが無いように努めています。

徹底したデジタル化でハイパフォーマンスを

accera indicator RUNDA
  • PR現状分析

  • PR戦略策定

  • PR企画

  • メディアプロモート

  • PRレポート

  • 「エディトリアルコミュニケーション」において、顧客提供価値を最大化するキーワードは、「結果につながる体制構築」と「徹底的なデジタル化」の2つです。

    200万件を超えるWeb記事データベースでファクトを調査、話題になっているキーワードをシステムで抽出、数千メディアの詳細なデータベース、 人為ミスが起こらないリリース配信システム、記者とのリレーションを管理するマネジメントシステム、国内最高精度のWebクリッピングツール、効果測定クラウドなど、業務に関連したさまざまな分野で徹底的なデジタル化がすすめられています。

    人為的なミスを起こさない、人手不足を解消する、人間の想像の域を超える。

    アウルでは、エディトリアルコミュニケーションが属人的な業務領域だからこそ、デジタル活用を強みに、圧倒的なパフォーマンスを出し続けます。

    ページトップへ