Serviceアウルのサービス内容について紹介します。
What's PR?

PR会社とは?

PR会社とは?

PR会社とは、メディアなどの第三者から情報発信を促すことによって、認知向上、理解促進を後方から支援する会社です。 自社の情報を、あらゆる情報媒体で話題にしてもらうことにより、経済的な対価を得ようとする活動を総称して「PR」と呼びます。 PRは、“パブリックリレーション”の略で、企業を取り巻くステークホルダーとの関係性を良好にすることを目的に、 自社の社会的な立場を維持発展させていくことと定義されていますが、現代においてのPRは、主にメディアからの情報発信を期待する企業の広報活動そのものを指します。

企業の広報活動を取り巻く諸問題

企業の広報活動は、一般的にプレスリリースの発信やメディアへの直接的な情報提供により記事化を促すものですが、 発信する情報に時間差を生じさせないよう企業は複数のメディアへ一斉に情報解禁することが求められます。 企業の広報やマーケティング担当に人員不足がある場合は特に、大量のメディアに対して同時にアプローチを行うことが難しく、 プレスリリースの配信、メディアへの情報提供はリソース分散の観点からPR会社に委託されることが多くなっています。 「どのメディアに発信すべきか」、「どのような情報が取り上げられやすいか」、「いつ発信すべきか」、「どこに掲載されたか」など、 広報活動では考慮すべき点が多いため、画一的なやり方ではうまくいかないのが現状です。

PR会社の役割と委託するメリット

ターゲティング
PR会社では、企業が発信する情報とアプローチ先メディアとの親和性を考慮し、電波、紙、デジタルといったジャンルを決め、編集傾向に合わせて重要度の高いメディアを選定。 また、PR会社は、メディアとの接点を多く持ち、TV番組や雑誌コーナーなどを恒常的にウォッチしているため、適したターゲット・メディアリストを作成することが可能です。
メディアリレーション
掲載確度を高めるという観点でもPR会社の役割は大きいと言えます。情報の受け手となるメディアは、自分たちと関係が薄い内容は決して取り上げません。 広報業務では、メディアの編集傾向に合わせて情報を加工し、興味を持ってもらえるよう努めますが、都度、発信内容を変えていくのは骨の折れる作業です。
効果測定
メディアに取り上げてもらったとして、実際に掲載がどれくらいあったのか、または、インターネット上での反響など、効果測定も避けては通れません。TV、新聞、雑誌であれば、オンエア時間や掲載面積に応じて、その媒体の持つ広告費と照らし合わせ「広告価値換算」という手法で測定できます。 しかし、デジタルの場合は、掲載元となった1次メディアと、転載先の2次メディアが存在するため、一概に、“掲載本数が多かったから効果があった”とは言えないのが現状。 そのため、ソーシャルメディアの反響を見たり、Webサイトへの流入量がどれくらいあったのかなどをウォッチしたりし、その効果を測定します。

PR活動の種類

PR活動には大きく分けてリテナー型とスポット型の2種類があります。

リテナー型PR

委託する業務を毎月一定の金額で契約
会社のブランディングを目的にしたコーポレートPR、売り上げ増大を目的にしたマーケティングPR、採用力の向上を目的にしたリクルーティングPRなどが含まれる

スポット型PR

短期的なPRニーズに合わせて都度契約
スポット型では、新商品・新サービスの発売に合わせた記者発表や目玉となるコンテンツを開発し行われるキャンペーンPRなど

大手PR会社と新興系PR会社のちがい

  •  
      

    大手PR会社

      

    旧来からあるメディアに強いリレーションを持っている

    リスクマネジメントなどを含めて総合的なサポートを受けられる

     
  •  
      

    新興系PR会社

      

    企画力に秀でている

    フットワークが軽い

    デジタルに強みを持っている

     
調査、戦略設計、イベント企画、Webサイト構築、ソーシャルメディア・マーケティングなど、 PR会社に求められる役割は年々広がっており、それぞれを強みにPR会社が多数存在しています。 PRの実施目的に応じて、複数のPR会社が呼ばれコンペ形式で直接契約先を選定されることがある一方、 広告代理店やクリエイティブ・プロダクションと一緒に活動することもあります。
ページトップへ