採用TOP  >  風土・文化

風土・文化 アウルならではの独自文化で入社後も成長

「仕事を通じて成長したい」「成果を出すために今、何をすべきか?」…そんな思いがあふれている、アウル社内。
社員の一人ひとりが自律的に考え成長することが、アウルの成長にもつながります。
そこで、会社主催の各種制度を用意していますが、その他にも、自主的な勉強会やサークルイベントが多数開催されています。
それらに積極的に参加する社員が多いのも、アウルならではのカルチャーです。

育成・スキルアップ環境

アウルアカデミー

業務上必要とされる能力開発(社内大学)を月に3~4回開催。「結果を出すプレゼン術」「生産性がアップする仕事の段取り術」など、講座内容は多岐にわたります。

アウルエグザム

当社業務に必要とされる用語や知識を幅広く習得してもらうことを目的として、不定期に25問程度のテストを実施しています。業界知識だけではなく、時事問題など広範囲から出題されます。

社員分科会

社員主催による勉強会も不定期に開催しています。業務上または前職の経験から得た知識を社員同士で教え合います。アウトプットする作業を通じ、本人の知識をより深める狙いもあります。

アウルスキル60

半期ごとに、当社で必要なスキルセットの習熟度合いや、今後、身につけるべきスキル等を自己評価で把握します。成長が可視化され、半年間の意義と、これから目指すべき方向性を感じることができます。

目標共有・評価基準

キックオフ

四半期(3カ月)ごとに一度、次期の目標を共有するためのキックオフを実施。各チームで目標に対する戦略・アクションプラン等を意思決定していきます。

※開催は土曜日ですが、会社の公式行事として、社員全員が参加。みんな私服で、お菓子やドリンクを片手に行います。日常の業務から離れ、大局的な視野で次期を見据えながら意思決定することができます。

MBO(目標管理)制度

四半期ごとに、自らの業務目標を設定し、その進捗や達成度を主体的に評価します。評価基準は明確に設定されているため、目標を立てやすく、仕事へのモチベーションも向上します。

アウルスコープ

「日ごろ何を習得し、いつまでにどのようなビジネスパーソンになりたいか」。未来の理想像を描き、シートに記載して発表。自分自身のビジョンと仕事とをリンクさせ、具体化につなげます。

育成・スキルアップ環境

アウルハーバー

キックオフ後、全社員で文化、芸術、スポーツ等の学習体験をします。某期には、クッキングスタジオを貸切り、チーム対抗料理対決をしました。社員同士の団結力もいっそう高まります。

社員旅行

某年は、沖縄のリッツカールトンに宿泊し、クレドというおもてなしの心を体験。ただ単純に遊ぶだけではなく、旅の経験から学び、仕事へと繋げていくことも目的にしています。

育成・スキルアップ環境

内定者インターンプロジェクト

年度ごとに異なるテーマで、内定者向けインターンプロジェクトを実施(バイト代支給)。入社前に仕事の流れと職場への理解を深められ、同期とのチームワークも形成していきます。

新人研修

アウルの事業、また、社会人の基礎知識を身につけるため、入社後に行います。ビジネスマナーから、PRやIT知識、営業スキル等、多岐にわたる研修内容で新人育成をバックアップします。

風土・文化
このエントリーをはてなブックマークに追加