最近の動きをまとめてご報告いたします。

◆クリエイティブとPRで“共感”を得る極意
BIRDMANとアウル、業務提携で面白くかつ広めるデジタルプロモーションを展開

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51278

◆デジタル時代のPRとクリエイティブ【前編】:
築地ROY良氏(BIRDMAN)×北村俊二氏(アウル)――なぜ僕たちは協業するのか
デジタルプロモーション領域で先端事例を多数生み出しているBIRDMANとデジタルPRエージェンシーのアウルが提携。その狙いを両社のトップが語った。
http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1709/28/news016.html

◆デジタル時代のPRとクリエイティブ【後編】:
「脱広告価値換算」と「社会的課題の解決」――BIRDMANとアウルが目指すこれからのPR
テクノロジーの進化はクリエイティブのアイデアを拡張させる。メディア接触の在り方が変わり続ける時代におけるPRは何を成果指標とすべきか。http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1709/29/news010.html

◆遂に1,000万回再生を超えた「雪印メグミルク様のカサネテク」

こちらも、PRプロモート部分で当社がお手伝いをさせていただいた事例ですが、なんと、2017年12月中旬現在、Youtube上で1,000万回以上、再生されております。Webメディアでの大量な露出の上、TVでも何度も取り上げていただきまして、結果としてソーシャルメディアで爆発的な拡散につながりました。

「カサネテク」の画像検索結果

2017年は、動画PRの仕事をかつてないほどたくさんやらせていただきました。ホームラン打率4割、ヒット打率で言っても8割を超える良い活動ができています。

◆2017年度PRアワードグランプリ
当社がPRプロモート部分をお手伝いさせていただいた「フィッシャーマンコール」が、「ゴールド!」を頂いたようでございます。関係者の皆さん、当社スタッフ、おめでとうございます!

朝早くから起きている漁師がモーニングコールをしてくれる企画。「石巻市の漁師を増やそう」という目的でPRを行い、数多くの露出を通じて、実際に10名以上のオファーが届いているとのことです。地域課題の解決につながっているソーシャルグッドな素晴らしいPR事例かと思います!

「フィッシャーマンコール」の画像検索結果

◆「Airレジ カンファレンス2018」
約5年前、Airレジが誕生してから、戦略的なブランディングおよびPR面でリクルート様に伴走してきた当社ですが、昨年は「Apple×Airレジ」として全国Appleストアでセミナーイベントを実施。今年に入ってからは「Airレジミニセミナー」として、毎月テーマを変えて飲食店オーナー様向けにAirレジの理解促進を展開するなど、人とつなげるイベントを数多く実施してまいりました。

毎年、業界を震撼させる発表が行われる「Airレジカンファレンス」。次で4回目になります。「Airレジ カンファレンス 2018」が2018年1月30日に渋谷ヒカリエで開催されます。今年も大きな発表が控えていると思いますので、飲食店経営者様、飲食店オーナー様、メディアの皆様は是非ともご参加ください。

WS000008

「Airレジ カンファレンス2018」
http://airregi2018.com/
ご参加お待ちしております!

◆出産・子育て
子ども

今年も当社スタッフのご家庭にたくさんのお子さんが産まれました。現在、3名の産休・育休の女性スタッフがおります。”夜泣きで睡眠不足”という新米パパさんスタッフもいて、新しい命の誕生に神秘性を感じております。会社としては、スタッフもご家庭もしっかりと支えていくために、もっと多様性のある働き方、経済的な還元、プライベートと仕事の両立を目指して、2018年は大きく改革を起こしていこうと考えています。

◆2017年10月1日でお陰様の13期目

もはや創業当初の傍若無人な爆発力はございませんが、実績も増え、アワードもたくさんいただき、ちょっぴり大人な企業へと変化を遂げております。

これも、ひとえに、クライアント様からいただくご依頼・ご発注、パートナー様のご尽力、従業員の努力が織りなす結果だと考えております。本当によい企業様、よい方たちに囲まれ幸せこのうえない毎日を過ごすことができております。いつも本当ありがとうございます!感謝です。

今年も残すところ半月となりました。来年は、会社のOSとなる仕組みや制度などをアップデートし、更なる価値創造に邁進してまいります!また、新しい取り組みもガンガン進めいきますので、引き続き、暖かいご支援を頂戴できますよう一同、よろしくお願い申し上げます。

コメントする

2017/12/15  //  ブログ  //  No Comment